FC2ブログ
2019 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

Mt. Kinabalu〜準備編④〜

久々の成田。

前回の海外は羽田発着だったので。

空港って、テンションあがるぅ。

予定通りの離陸で、いざマレーシア、コタキナバルへ!!

あ、ちなみに私が買ったチケットは、

行きは、成田−コタキナバル直行便で、

帰りは、クアラルンプール経由成田。

雪化粧の富士山を上空から眺めつつ日本を離れ、太平洋を南下していきます。

約6時間の空の旅。



いつも自分の荷物がちゃんと出てくるかドキドキしちゃいますよね。

今回はスーツケース+キナバル 登山用の26Lのザックです。

26Lに流石に全ては入らなかったのと、液体のこととかお土産とか色々考えたら

荷物は2つが妥当という結論に達したので。

あんな重いバックパックを背負わなきゃいけない理由はもうないもんね。





コタキナバルは30度。

わたしは空港のATMでリンギットを引き出したけれど、

みなさんのブログによると、日本円も両替できるっぽいですね。

エチオピアで窓口が閉まっててATMもない、

現地通貨が空港で手に入らないという、

かなり困った事態を経験したけれど、

ここは大丈夫でした。

インフォメーションカウンター的なものはないので、

(よく探せばあったのかな??)

タクシーの窓口のお姉さんやら、

自動扉の付近に立っている人やらに、

お尋ねしたところ、どうやらタクシーで行け、ということでした。

たぶん最安値はバスなのですが、

私の泊まる場所から少し遠いところで降ろされてしまうため、歩かないと行けないとの返答。

ま、雨も降っているし、タクシーで。

30リンギット(約810円 1リンギット≒27円)。

これは定額のようです。もちろんレシートあり。

宿までは15分くらいだったかな?

街の中心部までもせいぜい20分とかそこらだと思います。




宿に着いて、受付のお姉さんに尋ねてみました。

「明日キナバル に登るんだけど、バスってどこから出てるの?」

「ツアーに申し込みたいってこと?」

「いやいや、山小屋は自分で予約したんだけど、向こうまでの交通手段がないから。」

「あ、そういういこと…。ちょっと調べるね。」

(え〜何だか、思ったより大変だな。世界遺産なのに?観光客も結構来るんじゃないのかな?)

「バス…あるにはあるけど、ここ(宿)からバスターミナルに行って、

〇〇行きのバスに乗って、△△でバスを乗り換えて⬜︎⬜︎まで行くって感じだけど。」

「え〜!!そんな面倒くさいの?直行ないの?」

「もしよければプライベートカーにする?大した金額じゃないと思うけど。

たぶん50〜60リンギットぐらいじゃないかな。」

「明日行けるか聞いてみて。」

「行くことはできるけど、120リンギットだって。」

「え〜!!高い!!」




コタキナバルの街(宿)から、キナバル 山の麓まで

約3時間のドライブです。

だから、まぁ、120リンギット≒3240円っていうのは

別に日本の感覚からしたら別に高くもないっていうか、

プライベートカーだし、いいと思うけど…

(イマイチ、プライベートカーとタクシーの違いがわからなかったけど、

タクシーはメーターなのかもしれないです。でも空港からは定額でしたけど…謎。)

最初に50〜60リンギットって聞いたから、

倍じゃんっという気持ちになってしまったのは事実。

そして、きっとマージンが入ってるから、

値段は盛られてるだろうな〜と思ってしまったのも事実。

う〜ん…

と唸っていると、お姉さんネットで調べる。

そして、

「あ、あった、あったわよ。これならどう?」

それは、さっきとは違うバスターミナル(ちょっと宿から遠い)に自分で行き、

麓まで直接行くバスに乗るというもの。

ナイス!!

いいじゃないか〜それ。しかも25リンギットだって!!

超安いじゃん。それそれ、それだよ〜待ってたの。

「席って空いてる?」

電話してくれて、

「空いてるから予約するわね。明日、この紙をドライバーに見せればOKだから。」

「ありがとう!」




次の日の朝。

受付は昨日のお姉さんではなく、おじさん。

「おはようございます。昨日かくかくしかじかがあって、今からこのバスターミナルに行くんだけど

タクシー呼んでくれない?」

「いいけど、それって超時間かかるし、ここからバスターミナルに行く料金とか

向こうでバス停から管理事務所までも結局歩くし、トータルで考えたら車で直接行った方がいいよ。」

「うん、わかってるんだけど、120リンギットって言われちゃったんだもん。高いじゃん。」

「そうか〜。もしよければ、90リンギットで僕が行ってあげようか?

管理事務局の手続きとかも手伝ってあげるよ。」

「え???」

ちょっと考えたけど、バスっていわゆる教習所の送迎みたいなやつで、

3時間も乗るのはちょと辛いだろうなと思ってたのと、

もしバスターミナルで、バスが見つからなかったり、

何かハプニングがあって登れなくなったら嫌だな〜とか、

色々考えたら90リンギット≒2430円で安全に行けるならその方がいいかも、

と思い、

「じゃぁ、お願いします。」

となった。

おじさん、受付の仕事はいいんか?と思ったけど、

誰かに頼むからいいっていうから、そこはもうわたしの知ったこっちゃないので。

結局2時間ちょっとくらいで着いたかな。

マレーシアの人は結構飛ばします。車。

別に急いでないけど…と思うけれど、追い越しまくる。




無事に到着し、サンクチュアリロッジ(山小屋運営している)の事務所で、

まず、パスポートを見せてチェックイン的なものを済ませる。

その後、公園管理事務局に行き、

入園料(Kinabalu Park Entrance Fee) 15リンギット

登山許可料(Climbing Permit) 200リンギット

登山保険(Climbing Insurance) 7リンギット

ガイド料(Mountain Guide Fee) 230リンギット

Gateまでの往復のシャトルバス  17X2=34リンギット

を支払うように指示されました。

そうすると、タグがもらえます。

PC210014 copy

このタグの裏には、氏名と登る日と番号(個人を識別するものみたい)が書いてあり、

下山するまで色々なところで見せることになるので、

公園内にいるときには身につけていること、と言われました。

ちなみにシャトルバス、というのは、

管理事務所(お金を払ったところ)から登山口のゲートまで15分くらい乗るバスのことです。



さぁ、いよいよ登山開始!







スポンサーサイト
2018..23 Malaysia−マレーシア comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tabijoshi.blog9.fc2.com/tb.php/331-d2c147d6

profile

ERICO

Author:ERICO
2010年1月11日から1年間世界一周女一人旅。
楽しいことも苦しいこともいっぱいあって
辛さも嬉しさも悔しさも幸せも寂しさもいっぱい感じて
強く大きくなった!

そしてギリホリでAustraliaへ。
1年間勉強して働いて遊んで帰国。

人生再設計!

再就職してバリキャリ道歩んでおります。

guests

mail to me

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。