2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

私を変えた彼

vara (1)

いよいよ、この旅最終国インド!

ネパールのポカラからスノウリ国境までバスで行って、

わかりにくいイミグレを通り、

スノウリからゴーラクプルまでローカルバスで行って(71ルピー)、

ゴーラクプルからバラナシまで夜行列車。

vara (2)

ファーストクラスなのにエアコンナシのコンパートメントは少々寒かったけど

意外に眠れた。



ネパールの山中で会ったオランダ人のバートと再会。

早速街歩き。

なんといってもインドといえば、バラナシといえば、ガンジス河。

vara (4)

河沿いの壁にはガンジーさんがいらっしゃいました。

vara (3)

火葬場の薪。

vara (5)

ホスピスがすぐそばにあって、ここで火葬されること願って死を待つ人がいます。

私は仕事で生と死の現場にいたけれど、また違う何かを感じる場所。





街中のヨーグルト屋さんでは10ルピー(約20円)で作りたてのヨーグルトが食べられます。

おいしい。

vara (6)

夜のメインガートもかなりの賑わい。

道には牛のうんちがそこらじゅうにあって、頭痛がするほどクラクションが鳴り響く街バラナシ。

vara (7)

インド人への先入観が強すぎたせいか、意外にウザくないなーって感じ。





ガンジス河で朝日を見るために早起きしてボートに乗ってみました。

vara (8)

vara (9)

vara (10)

vara (11)

少年が漕ぐボートは他のより遅い…。

仕方ないけどね。

がんばれ、少年。

vara (12)

vara (14)

vara (13)

曇ってたけど、ちょっとだけ覗いた太陽。

なかなかいい光景。

vara (15)

vara (16)

vara (17)

朝沐浴をする人がとても多いので、この時間は混み混み。

アフリカでも東南アジアでも、

同じ川や湖で洗濯したり排泄したりしてる光景は見たことがあったけど、

宗教的な意味合いがこんなに強いと受ける印象もだいぶ違う。

vara (18)


オランダ人のバートは、とてもフランクでニュートラルな人です。

彼は、インド人ともよく立ち止まって話をしたり、

とっても楽しく過ごしていて私にとってはとても新鮮。

「日本語や英語で話しかけてきてウザイ」っていうイメージを

持ちすぎて警戒心がとっても大きくなっていたなーって

自分の振る舞いを省みることが出来たり、色々考えることも多くて

彼は私に多大な影響を与えています。


モロッコや中東諸国で、しばしばイライラしたり、悲しい気持ちになったり、

ネガティブな感情を抱きがちだった私。

あの時彼に出会っていれば、もっと違っただろうなーと思ったりします。

決して無視したりしない、相手の振る舞いは自分の振る舞い次第、

頭ではわかってるけど、ついつい「騙そうとしてる」とか「怪しい」とか

相手を疑いがち。

でも、バートと一緒だと本当に私も楽しくていつも笑顔でいられるし、今更ながら学ぶことが多い。

私の言動、振る舞い…。

こんなに楽しい日々は、本当に久々。














please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010..28 India-インド comment4 trackback0

comment

黒いしょう
バラナシー!インドで1番好きです!!

ぜひ映画も楽しんでください!!
2010.11.29 00:37
黒くないたかこ
私もバラナシ楽しかった~。

映画は観なかったけど!
2010.11.29 02:32
ERICO
> しょうくん
元気??
楽しかったよー、バラナシ。
映画は見なかったけど、なんかインド人の青年がDVDくれたから帰ったら見ようと思う。
日本は寒いんだろうなー。
2010.12.01 14:14
ERICO
> たかちゃん
みんなが楽しいっていう理由がわかったよー。
今はコルカタにいるよ。
2010.12.01 14:20

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://tabijoshi.blog9.fc2.com/tb.php/159-08ed6948

profile

ERICO

Author:ERICO
2010年1月11日から1年間世界一周女一人旅。
楽しいことも苦しいこともいっぱいあって
辛さも嬉しさも悔しさも幸せも寂しさもいっぱい感じて
強く大きくなった!

そしてギリホリでAustraliaへ。
1年間勉強して働いて遊んで帰国。

人生再設計!

guests

mail to me

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。