2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

船上のRomantico

DSC00318.jpg

DSC00132.jpg

いや~南極に来てほんとよかった!!!

何しろ天気はいいし、イケメン満載だし、料理おいしいし、言うことない!!!

DSC00024.jpg

DSC00014.jpg

初日は島に上陸だったけどいよいよ大陸に上陸。

感動的!!

これが南極大陸だよー。

コピー ~ DSC00036

なんとびっくり、船の上でASADO、さすがアルゼンチン船。

DSC09924.jpg

DSC00241.jpg
チリのベースキャンプ。郵便ポストがあったり、パスポートに記念スタンプも押してくれます。

DSC00235.jpg

DSC00154.jpg
我らがウシュアイア号。陸から見ると尚愛しい。

だいたいスケジュール的には、午前・午後と一日2回~3回上陸もしくはクルーズがあります。

だから朝起きてゴハン食べてアクティビティがあって、お昼船に帰ってきてランチしてまた午後出かける感じ。

んで、夜はディナーとrecap.

外人の質問はくだらなくて長い(笑)

DSC00390.jpg

DSC00308.jpg

DSC00299.jpg

DSC00237.jpg

DSC00353.jpg
夕陽も超キレイ。

DSC00583.jpg
ペンギンも冬はもっと暖かいところに移動するらしいけど、まだいたアデリーペンギンちょっとだけ見れた。

DSC01000.jpg
クジラちゃんはプカプカ浮いたまま寝てます。

こんなに近い!!  寝ててもシューって潮吹いてんの。呼吸だからね。


あとは火山島があって温泉の海に入れるんだけど、気温が低い&風邪が刺さるように冷た過ぎて一瞬しか入れなかった。。。

IMG_9217.jpg

でも南極の海に入ったってすごくない??




81人の乗客は日に日に仲良くなっていって、最終日までにはほとんどの人と交流。

ウシュアイアへの移動を始める最終日には、キャプテンから南極上陸証書をもらって、

EXPEDITORからDVDをもらいました。

これには新聞みたいに毎日の天気とか、行動とか細かく書いてあったりみんなの写真が映像で記録されてたりほんと感動的。

シャンパンで打ち上げやって、キャプテンディナーと、その後深夜にはクラブがオープン。

踊ったよ~久々に。

いやーラティーノ最高。

かっこいいし情熱的。

私この船でモテ期来ちゃいました(笑)

“¡¡¡te extraño,mucho mucho!!!”

もうウシュアイアで降りたくなくて名残惜しいったらないよ…。

DSC01567.jpg

DSC01608.jpg
寄港日、船から見たウシュアイアの街。



とってもとってもとってもとってもとっても楽しい日々でした!!

これ以上なんとも表現できないけど、最高の友達と最高のクルーと最高の乗客と最高の思い出。

DSC01730.jpg

DSC01759.jpg


そんな南極の日々を終えてまたサクサク旅を続けます。










please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010..30 Antarctica-南極 comment4 trackback0

上陸

初上陸は23日。

まずはFoyn HarbourとDanco Island.

ウシュアイア号は南極半島付近を周遊する予定なので、色んなとこに停泊しながら南下するんです。

どうやって上陸するかというと…船は停泊させて、ZODIACというボートで10~15人ずつぐらいで陸へ。

ほんとに天気が良くてラッキー!!

DSC09435.jpg

DSC09441.jpg

DSC09445.jpg

DSC09447.jpg

DSC09489.jpg
これがZODIACね。
運転してるsailorが超かっこいいんだわ。

DSC09510.jpg

DSC09523.jpg

DSC09547.jpg
こんな風にボートから下りててくてく歩くのだ。

DSC09579.jpg
船までの帰りは氷河クルーズ。

DSC09609.jpg
アザラシ。

DSC09617.jpg
昔座礁した、探検隊が乗ってた船。

DSC09659.jpg
アシカもいる。


風もほぼなくて気温も3℃と予想よりも寒くない。

しかもちょっとした丘をてくてく歩くし厚着だから暑いくらい。。。

ふわふわな雪の上を歩くの結構大変なんだけど南極を一歩一歩歩いてる感を実感しながら歩いて楽しい。

DSC09742.jpg

DSC09769.jpg

DSC09877.jpg

DSC09783.jpg

これはゼンツーペンギン。

超いっぱい!!かわいい。




船の中ではどんな生活かというと…

まず朝食20分前に

「おはようございます、今日は晴れて風はほぼなく穏やかな朝です。20分後にダイニングで朝食の用意ができます。今日の予定は○○です。」

というような放送が流れます。

スペイン語と英語で。

あとは、アクティビティの前にも「あと何分です」とか「あと5分でLectureです」とか「あと5分で夕食の用意ができます」とか、
とにかく何かの前には必ず放送があるので、それに従って行動すればOK.

食事は時間通りに出るし、放送の通り全員で行動するし、ある意味囚人みたい(笑)

船の中ではスペイン語を話す人より英語を話す人のほうが多いんですねー。

だから講義も英語のの部屋とスペイン語の部屋があります。

一日の終わりにrecap(今日ここに行きましたという復習みたいなの)があるんだけど、それも英語とスペイン語で。

IMG_8917.jpg


ほんとに色んな国の人が乗ってます。

アルゼンチン、イングランド、インド、アメリカ、オーストラリア、イスラエル、フランス、オランダ、ドイツ…などなど。

みんなスペイン語と英語を駆使してコミュニケーション。

私も覚えたてのスペイン語使ってみたり、大変だけど何とかして色んな人と話すのは楽しいんだよね。


みんなが寝てる間に船は次の場所へ移動。。。



おまけ:今日のランチ。

IMG_8879.jpg IMG_8880.jpg IMG_8882.jpg







please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村




2010..23 Antarctica-南極 comment2 trackback0

a part of iceburg

ウシュアイアからAntarctic Peninsulaまでドレーク海峡を丸2日船の中ですごすんだけどみんなぐったり。。。

ラウンジでは船酔いのみなさんが寝てたり、船酔いしてない人は本読んだりしてます。

IMG_8855.jpg

私は、ニット帽を編むためにウシュアイアで毛糸とかぎ針を買っていったので編み編み。

バタバタと倒れていく人々を尻目に必死で編んで、ドレーク中に完成!!

IMG_8863.jpg

これは結構がんばったよ。

下を向くだけで気持ち悪いと言っていた船酔いのみなさまには信じられなーいって言われたけどね。



ドレークって何よ?って感じだと思うから説明すると、

棚とか机の上の物がガッシャーンって落ちてきたり、手すりにつかまらないと歩けなかったり、

椅子がひっくり返ったり、ベッドから落ちそうになったり。

そんぐらいひどい揺れっぷり。

左右にも前後にも上下にも揺れて揺れて揺れて…。



でも私は全然平気。

食事も全部頂きました!

私って船酔いしないラッキーな人だってことがわかったよ。

新しい自分を発見できた。


肝心の景色はどうかというと…天気が悪かったからなのか、ずっと曇っててどんより暗くて寒い北の空。

DSC09395.jpg

何しろ移動時間が長いので午前午後と一日2回講義があって、こんな感じ。

IMG_8864.jpg

南極の条約とかガイドラインとか、南極で見れる鳥の種類と生態とか

歴史学、生物学、地質学など専門家が乗ってるのでみっちり。

そんで習ったあとバードウォッチングしてみたり。

DSC09398.jpg

出席することは強制ではないけど、暇だしとてもお勉強になる。

笑っちゃうのが外人ってへんてこな質問が多いんだよね。

え?そんなこと聞いてそうすんの!みたいな(笑)

最初はちょっとちょっと!って思ってたけど回を重ねるごとにそれも笑えてくるからおもしろい。

人間観察って一番楽しい暇つぶしかも。

移動中はヒマヒマだけど、そういうのに全部出席するとなかなか忙しい。

あとは映画見たり、あとは色んな人と自己紹介がてら喋ってみたり。

なかなか楽しい船旅です。
2010..22 Antarctica-南極 comment2 trackback0

いざ南極へ。

DSC09369.jpg

上野山荘での長い2週間も終わって、いよいよ南極に行く日。
船に乗る前に港で飛ばされちゃうかと思ったほど超強風…。

今日まで南極に行くって実感なかったけど、港に来て船を見てからテンションあがったねー。
出港前に一応荷物のX線チェック。
船のところでザックを預けて乗船してからバーのところでチェックイン。
リッチ層の方々もいらっしゃるけど、もちろん私たちは一番船底のお部屋で窓なし。

DSC09375.jpg

でも窓ある部屋でもどうせ小さいから、外を見るときはラウンジで。

まずレセプション。
シャンパンで乾杯。
これってちょっと客船な雰囲気満載なの。
これから始まるって感じで。

DSC09378.jpg

DSC09379.jpg

私たちが乗ったの船の乗客は81人だから、アットホームな雰囲気。


その後南極についてのLectureがあって、クルーズについての説明会。
ライフジャケットの使い方とか色々説明された後、全員で避難訓練。

IMG_8849.jpg

ちゃんと点呼もして…ちょっと緊張感ありだけど話聞いてない人とかもいたり、
ちょっとずつ個性が見え始める頃。
さっき言ったじゃん、みたいな。
お年寄りも多いし、色んな国の人がいるから突っ込みどころ満載。


そして…ディナー。
ディナーは毎日コース料理。
お料理おいしい!!
ちなみにアルコールは有料です。

DSC09385.jpg

強風過ぎて予定より遅れたけど、夕食後に無事出港。
あーよかった。

バイバイ、ウシュアイア~。







please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
2010..20 Antarctica-南極 comment0 trackback0
 HOME 

profile

ERICO

Author:ERICO
2010年1月11日から1年間世界一周女一人旅。
楽しいことも苦しいこともいっぱいあって
辛さも嬉しさも悔しさも幸せも寂しさもいっぱい感じて
強く大きくなった!

そしてギリホリでAustraliaへ。
1年間勉強して働いて遊んで帰国。

人生再設計!

guests

mail to me

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。