FC2ブログ
2018 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312019 01

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

今日の日はさようなら

旅立ちの前日はEindhoven街歩き。

holland6 (2)

この街に泊まってたのに、

なんだかんだ、でかけちゃってたからぶらぶらしてないんだった。

お土産も買わなくちゃ。

holland6 (3)

holland6 (4)

この教会、いつも開いてるわけじゃなかったけどこの日は開いてた。

holland6 (8)

古くてとってもいい教会。

よくあるヨーロッパの真っ白な壁の絢爛豪華な大聖堂より、

こんな風に佇む街の教会が好き。(といってもこれも結構立派)

ステンドグラスもきれい。


自転車に乗ってるときは気づかなかったけど、壁におじさんがいた。

holland6 (6)

かわいい。

holland6 (5)

holland6 (7)

オランダのキッチン用品屋さんには、とってもかわいいグッズがいっぱい。

ヨーロッパでキッチン用品を買うのってとっても楽しい。

便利でお洒落なものがあるし、旅行で買うのっておススメです。

なぜかというと、後々「あ~これあの時あそこで買ったんだったな」

と思い出に浸れるから。

キッチン用品じゃなくてもいいんだけどね。



彼のお母さんが私にもう一度会いたいって言ってくれてカフェで待ち合わせ。

そしたら「これ」といって包みをくれました。

holland6 (9)

私のために買ってくれたのかと思ったら本当に感激しちゃったし

その気持ちが超嬉しくて思わずHug。

そして別れ際に涙。

ママは英語をあまりうまく話さないけど、気持ちはとっても伝わるし、

ママの家には泊まってないのに、なんかウルルン滞在記気分。

ほんとうにありがとう。

私を歓迎してくれて、想ってくれたこと忘れない。

パパは仕事で来れなかったけど、バイバイを言うために電話をくれました。

人の温かさに触れたステキな旅でした。

holland6 (1)

買ったお土産と思い出をつめて、2週間いたこの場所を去る。

バイバイ。















please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2011..09 Netherland-オランダ comment4 trackback0

仲良し家族

Eindhovenに帰って来てたら、ロシアン人のおじさんがいた。

それって私の友達の元カノの今彼のお父さん!

超複雑ぅ…。

でも「友達」なんだって。

意味わかんないよね。



おじさんが帰った後、自転車でお姉さんの旦那さんのお誕生日会へ。

なんか家族がとっても近しい。

きょうだいの配偶者の誕生日にわざわざ行く・・・人もいるだろうけど。

「絶対顔出さなきゃ」って程でもないよね?日本だと。

Family meeting のときも思ったけど、家族の結びつきが強いような気がしちゃう。

holland4 (1)

道中に立ち寄ったTU/eのオブジェ。

超でかい。

お姉さんのこどもちゃん。

holland4 (2)

そのお誕生日会には、本人(だんなさん)のご両親ときょうだいと、

奥さんのご両親ときょうだいなど(つまり私の友達と私)。

そんな超プライベートなところに私が行っていいんだか…って感じだったけど

この前Family meeting で会ったし、ウェルカムしてくれたのでまぁいいか。


その帰り、オランダ料理に興味を示した私を連れて行ってくれた場所はスナックバー。

holland4 (3)

つまり揚げ物の店で、お店に売ってるものは全部茶色い(笑)。

日曜はこういうところにいて家族で食べ、お母さんは料理を作らないっていうのが

オランダ流日曜の過ごし方らしい。

holland4 (4)

holland4 (5)

ひょえー!こんなの毎週食べてたら絶対に病気になるよ。

まぁそんなものも体験し、私はまた一人で日帰りでMaastricht(マーストリヒト)へ。

自転車持ってね。

もうすっかり時刻表とかの見方もわかって何時にどの電車にどのホームから乗るのかすぐわかる。

まずはMaastrichtから一駅のValkenburgへ。

holland4 (10)

ここには地下洞窟が何個もあってどこに行こうか迷ってその辺の人に訪ねたら

「洞窟に行きたいの?急がなきゃ。4時が最終のツアーだよ。ほらほらあそこ。」と

教えてもらい、ダッシュ。

ふぅ、ぎりぎりセーフ。

洞窟は勝手に入ってみることは出来なくてツアーを申し込みガイドさんが案内してくれるという仕組み。

ここではガイドさんオランダ語で、英語の説明書きをくれたけど

中は暗すぎて読めない。

中はひんやり寒くて半そでだととても無理なので上着を持っていきましょう。

holland4 (6)

中は迷路のように何個も通路があったり、

壁画や教会、彫刻なんかがあります。

何百年も前のものがこうして残っているってすごいよね。

当時からこうやって手で掘る技術があったり、

壁画もすごく細かいってのは感動。

昔の人はすごいよ。

マチュピチュでもペトラでもそう思ったけどね。

holland4 (7)

その上は宮殿跡。

holland4 (8)

登ると街が一望できます。

うん、いい景色。


街を走っていると、わんこを散歩する人のためにこんなゴミ箱も。

holland4 (9)

「BEDANKT」はありがとうって意味。

その後また電車に乗ってMaastrichtへ。

ヨーロッパでは博物館や美術館はたいてい月曜日がお休み。

そしてもう17時を回っていたので今回もサイクリングで市内観光。

holland4 (11)

holland4 (12)

holland4 (13)

ルーフ用のキャリアーもあった。

holland4 (14)

holland4 (15)

いい街だー。

私はAmsterdamのような大都会よりもこういう小さい街のほうが好き。

holland4 (16)

看板の上にいるおじさんかわいい。

holland4 (17)

美しい景色でしょ?

holland4 (18)

一人だとなかなか自分の写真って撮らないけど、自転車で回ってた証拠に一枚。

holland4 (19)

この橋ってかなり歴史のある橋らしい。

holland4 (20)

holland4 (21)

ホテルの入り口にいたわんこ。

holland4 (22)

景色だけじゃなくてこういう可愛いものを道端でみるけるのがまた楽しい。

holland4 (23)

holland4 (24)

駅のキオスクで売ってたお寿司。

何が「中くらい」なんだと思う?

大きさか、内容(松竹梅)か。















please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村
2011..05 Netherland-オランダ comment2 trackback0

スケベニンゲン

チャリを載せて向かった先はDen haag(ハーグ)。

ハーグから4㎞くらいのビーチに自転車でgo.

途中の景色はなかなかよくて、緑の中を走るいいサイクリングコース。

holland3 (1)

holland3 (2)

Scheveningenっていう場所。

もちろん泳いている人はいなくて、まぁビーチも閑散としてる…。

大型ショッピングセンターと宮殿のようなホテルがどんっと建ってて、

なんだかつまんなーい。

海って一人で来るもんじゃないのよ。

holland3 (3)

holland3 (4)

こんな緑のなかをトラムが走っていて、むしろサイクリングを楽しむって感じ。

途中鳥のフンが私を襲い、ジャケットにかかった…。

髪の毛じゃなくてよかった。

holland3 (5)

ほんとにいい景色ばかり。

信号待ちだとこんな感じ。

私はぎりぎり足がつく程度のチャリに乗ってたのでできれば止まりたくない。

holland3 (6)

holland3 (7)

かわいい看板もいっぱい。

holland3 (8)

これはベーカリー。

こうやってきょろきょろしながら走るだけで立派な観光になっちゃう。

holland3 (9)

holland3 (10)

オランダって緑がいっぱい。

holland3 (11)

ハーグのハイライト、まマウリッツハイツ美術館。

holland3 (12)

ここではあの有名な「真珠の首飾りの少女」が見れます。

建物も中の絵もよくて時間をたっぷりとって正解。

入場料にはオーディオガイドがセットになっていて、

日本語もありました。

でも、日本語を選んでみたら説明絵画数が少ない。

うむむ、仕方ないか。

レンブラントの作品もいっぱいあります。


さて、おなかが減ったのでレストラン…と思ったけど

まだフリッツを食べていなかったのでスナックバーに。

holland3 (13)

街中にこういう店がどこにでもあり、みんな買って店の前で食べたりしています。

中にも食べるところがあるけどたいていはちょっとしたカウンターと椅子が数個あるだけ。

歩きながら食べるのが地元風っぽい。

フリッツというのはつまりフライドポテトのことなんだけど

がっつりボリュームすごくてしかもマヨネーズもっさりかかってて

とてもじゃないけど、食べられる勇気がなかったためコロッケを購入。

アツアツでおいしい。

holland3 (14)

ほんとうに駅前やショッピングストリートにもすごい量の自転車がどこにでもある。



お次はDelft(デルフト)。

デルフトといえばロイヤルデルフトといって青いペインティングの焼き物が有名。

holland3 (16)

工房を見学したかったんだけど、もうすでに17時で無理だった。

本当に日が長くて22時ごろまで明るいから、いっぱい観光できると思うんだけど

実際はお店も美術館もほとんどきっかり17時にはしまっちゃうから、そうでもない。

だから自転車を持ってるといいのです。

ゴッホが「アルルの跳ね橋」でモデルにしたという東門。

holland3 (15)

自転車だから地図を見ながらってわけにはいかないけど、

方向音痴の私でもなんとなく回れちゃう小さな街。

だいたい、こっちのほうだなっていう風に動けるようになったのもバックパッカーやってたおかげ。

holland3 (17)

Delftは水位が高くてなんだか家々がギリギリ。

holland3 (18)

帰りに駅で会った男の子が段ボールのリュックを背負ってたので写真を撮らせてもらった。

holland3 (19)

「それどうしたの?作ったの?」

「友達が作ったんだ」

「いいね、それ」

「そう?ありがとう」

「ちょっと写真撮ってもいい?」

「いいよ」

「じゃあ後ろ向いてくれない?」

って今考えると失礼だよね。

実際顔写ってないし。



そうそう、これが自転車用の車両。

holland3 (20)

これ以外のところに乗せると車掌さんに怒られるので注意。

ちなみにオランダの電車はトラブルがなければかなり時間通りなので

時刻表をしっかりみて乗り遅れないように。
















please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村
2011..04 Netherland-オランダ comment2 trackback0

愛チャリと2人旅

Amsterdamから電車で30分くらいのAlkmar(アルクマール)という街で

毎週金曜日にやっているというチーズ市に行ってみた。

オランダの電車ってよくトラブルがあるらしく

AmsterdamからAlkmarまで直行の電車があるのに、私が行こうとしたときは

今そこ走ってないとか言われ、遠回りしてやっと到着。

ふぅ。間に合った。

holland2 (35)

思いっきり観光客向けのパフォーマンス満載だけど

もちろんオランダ人もいっぱい。

めちゃツーリスティックだけど楽しい。

holland2 (36)

holland2 (37)

こんな風に民族衣装をきたおばさんがチーズを売っていて試食しているうちにおなかいっぱいに。

holland2 (38)

市場は計量所でやっているんだけど、その隣はチーズ博物館になっていて

3ユーロ(だったと思う)で入れます。

チーズの歴史、昔はどんな風に手作りしてたとか、

今はどんな風に工場でつくられているか、とか展示やビデオ上映もあってなかなかよかった。

holland2 (39)

この街にももちろん運河があります。

どこにでもオープンカフェがあってみなさん昼間からビールを飲んでいる。

オランダに来たらビール飲まなくっちゃね!

ここはちっちゃい街だけど、自転車があればどこだって無敵。

歩いたら結構時間のかかる道も

くるっと一周サイクリングするだけで観光できちゃう。

市場も終わり試食のチーズとビールでおなかいっぱいになったので

Amsterdamへ戻った私。

でも金曜の午後、Amsterdamはめちゃ混み。

週末おそるべし。

holland2 (41)

マーケットを覗いて練り歩く。

holland2 (42)

holland2 (43)

holland2 (44)

さすがデザインの国オランダって感じでお店にはかわいい色やデザインがあふれている。

う~ん、買い物も楽しいよね。

力を振り絞ってお店を練り歩いてみたものの、

いちいち自転車を停めてめちゃくちゃ重い鍵(ホントに恐ろしくでっかい鎖)をかけて

歩いてまた自転車のロックをはずして…

というのが予想以上にめんどくさいし、

人ごみに(自転車混み)に疲れたため最期にハイネケンミュージアムへ。

そう、ビールのハイネケン。

holland2 (20)

知ってた?

ハイネケンってオランダ出身なの。

ハイネケンさんが創ったんだって。

私は知らなかったよ。

中ではお兄さんやお姉さんが醸造過程を説明してくれます。

holland2 (46)

holland2 (47)

説明は英語なのでご安心を。

ひとしきり見学したら(ビールを造っているところに入れるわけじゃないけど)

アトラクションが待っています。

holland2 (48)

なんと自分がビールになって出荷されます。

一人だとワーキャー言えずちょっと寂しいのでぜひお友達と行ってください。

チケットには2杯分のビールが含まれていて最期のバーで飲めるんだけど

ここがほんとにバーのようで、みんなはしゃぐはしゃぐ。

出会いの場にもなっちゃう可能性もあるかも。

お酒の力はすごいよねー。



holland2 (49)

holland2 (40)

そんなこんなでAmsterdam観光は幕を閉じまた自転車を乗っけて次の街へ。















please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村
2011..03 Netherland-オランダ comment2 trackback0

watch out!

Amsterdamでレンタサイクルするのもいいかなーと思っていたら、

友が自転車貸してくれました。

なので車に自転車乗っけてAmsterdamまで2時間のドライブ。

holland2 (15)

holland2 (16)

オランダ人はみんなと言っていいほどこのキャリアーを持ってます。

日本ではルーフに乗っけるのが一般的だけど、

後ろに乗せたほうが安定感あるよね。

これ一個で二台の自転車を載せられます。

このキャリアー欲しい。

holland2 (17)

Amsterdamで早速サイクリング開始。

ここからは一人旅。

holland2 (25)

ゴッホも描いたという跳ね橋。

まだ現役です。

景色を見ながら走るだけでも楽しい。

でも、Eindhovenとは大違いでAmsterdamでは自転車も驚異的なスピードで走ってる。

ブレーキが壊れかけているこの自転車は超危険。

ちょっと前から減速しないといけないし、

何より交通ルールをしっかり守らないと事故る!

holland2 (19)

必ず自転車用の信号を見ないとね。

横断歩道には必ず歩行者用の信号と自転車用の信号があります。

ちょっと写真を撮ろうとしただけで

holland2 (22)

こんな風に自転車がカメラの前を横切るほど。

実際事故りました。

自転車と衝突したんだけど、すごい勢いでぶつかったよ…。

怪我しなくてよかった。

友にも「くれぐれも気をつけて。とにかくよく見て」って

しつこく言われたんだった。

「危なかったら自分の命を選べ。自転さhなんかどうなったっていいから」と。

「えー?そりゃ命を守るけどさ、そんな大袈裟な」と思っていた。

ロンプラには

「レンタサイクルを借りる観光客はここをディズニーランドかなんかだと勘違いしている」

と書いてあった。

よく見て走りなさいってことね。


holland2 (21)

オランダに行ったらぜひフェルメールの絵を観てください。

やっぱり青がきれい。

オランダが生んだ巨匠にはゴッホも。

ヴァンゴッホ美術館は混み混みなので朝イチで行きましょう。

一人だとホントにきまま旅。

holland2 (23)

行きたいところにふらふら行けておいしいもの食べられるし。

holland2 (26)

オランダはダイヤモンドの研磨技術が高いらしい。

なのでダイヤを購入。

holland2 (27)

パンケーキが有名らしい。

holland2 (27)

なので食べてみた。

holland2 (28)

ふらふらっとスーパーマーケットに入ってみるとチーズがびっしり。

holland2 (29)

そう、オランダはチーズ王国。


観光客と知り合いたい方はダム広場へ行きましょう。

まじ人混み。

holland2 (30)

holland2 (31)

holland2 (32)

東京駅と似てるアムステルダム中央駅。

holland2 (33)

holland2 (34)

オランダでは追加料金を払うと自転車を電車に乗っけられます。

でも折りたたみ自転車は無料。

自転車マークが書いてある車両には専用スペースがあるのでそこに。

Amsterdamってやっぱり大都会。

人口は東京の1/10だけど、狭い路地にも自転車がいっぱいだし

かわいいお店を見たりするには歩いたほうがいいんだろうけど

やっぱりすいすい走るほうが楽しい。

今の私ってショッピングをあんまり欲していないみたい。

かわいいお店いっぱいあるんだけど、イマイチ欲しいものがないもんな。

バックパッカーデビューする前ってどんな風に旅してたんだっけな。















please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村





2011..02 Netherland-オランダ comment2 trackback0
 HOME 

profile

ERICO

Author:ERICO
2010年1月11日から1年間世界一周女一人旅。
楽しいことも苦しいこともいっぱいあって
辛さも嬉しさも悔しさも幸せも寂しさもいっぱい感じて
強く大きくなった!

そしてギリホリでAustraliaへ。
1年間勉強して働いて遊んで帰国。

人生再設計!

guests

mail to me

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。