2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

彼のよさがわかったとき

いつも山では日没後何もすることがなくて

夕食を18時とか18時半に食べて20時くらいまでには就寝。

夜が長い。

だから寝る前にトイレに行っても夜中に絶対トイレに行きたくなってしまう…。

でも寒いから寝袋から出たくない。

ABCでも早朝に目が覚めてしまい、もう少しもう少しと寝袋の中でトイレを我慢してたけど

日の出を見逃したらたまらないので

エイ!っと起きて外に出たら

ABC (20)

雪凹

あーーーー山見えない。

残念すぎる。

しかったがないのでさっさと下山。



今回のガイドは大丈夫だと思ったのに、やっぱりだめだった。

ネパール人、だめじゃん。

ABCに行く途中膝いためてるし。

ガイド兼ポーターなのに。

そして、私が散々咳してるのに

「Are you OK?」と繰り返す彼。

大丈夫なわけないじゃんよ!バカ!

しかも、そのOK?の直後に歌を歌いだす。

全然心配してない!

食事の後も宿を出た後も

「Everything is OK?」と聞く彼。

「そうやって聞かれても大丈夫っていうしかないし、苦痛なだけだからやめて。

山での健康管理も自分でできるし、全部がOKじゃないときもあるでしょ。

しかも、鼻歌なんか歌っちゃって超不快なんですけど。心配してないなら言わないで。」

って結構強く言ったら「This is my duty.」

だって。


鼻歌もうざいし顔も見たくないから離れて歩いてって言ったら

私の視界から消えるほど遠くに行っちゃって、しかも

道中大雨が降ったけど、いつも彼と一緒にいたから

レインウェアは彼が持ってるバックパックの中。

ずぶ濡れになりながら歩く私。

まじ悲しみと怒りがこみ上げてきて

「もういいから帰って。荷物はこれ以降自分で持つし、I don't need you anymore.」

って言って山の中で解雇。

ストレスを感じながら歩くよりは、ちょっと重くても荷物自分で持ったほうがいいし。






気を取り直して山を、ネパールを楽しまなくちゃ。

次の日天気は晴れてアンナプルナサウスもきれいに見えた。

気分も清々しいわ。

ABC (21)

マチャプチャレもこんなにきれいに見えて。

ABC (22)

山の先っぽがふたつに別れてるからFish Tailとも呼ばれてるらしい。

ABC (23)

なんと、前日の雨で負傷した人がヘリを呼んでた。

日本よりは費用が安いけれど、やっぱり保険は必要ですね。

ABC (24)

ABC (25)

温泉のあるジヌダンダに到着して、早速温泉へ。

宿から15分くらい歩いて川まで降りると露天風呂があるんですね、混浴ですけど。

っていうか、水着で入るし、ちょっとぬるめなので日本の温泉とはちょっと違うけど

ちゃんと浴槽も洗い場も更衣室もあってなかなか立派。

現地人は無料で外国人は寄付制。

でも50ルピー(約60円)で十分。

そんな温泉を堪能した後は、昼寝をしよう。

久々に長風呂につかったらちょっと疲れたぞ、と

思ってたけど、宿で鶏を捌くというので見学することに。

日本じゃなかなか見れないもんね。

怖いけど、私もチキンを食べるんだから一回は見てみよう。

の、つもりがやってみろと言われ、手伝うことに。

見るのとやるのじゃ大違い。

決心が必要だったけど、これも経験と思いいざ!

ABC (26)

頭を落とした鶏を熱湯につけると手で羽がむしれるんですね。

知らなかったけど。

本当に泣きたくなる気持ちだったけど…食べるって生きるってこういうことなんだな

って改めてわかったって感じ。

私にとっては30年の人生で初めての経験だったことも

ここでは夕食の準備という毎日の光景。


さすがにこの日はチキン料理をオーダーできなくて、ダルバートを食しました。

ABC (27)

山では無駄なおやつも食べてないし、結構歩いてるから痩せたかなー

って思ってたけど、いつもおなかが空くのでダルバートを頼むとついついおかわり。

ダルバートはお米もスープも野菜もおかわりできるんです。

危険。






ジヌダンダで日本人のおじさま4人組に会って、ガイドを解雇したから自分で荷物を持って

下山して明日ポカラに帰る、と言ったら

「じゃぁ一緒に帰ろう、私たちのバスがあるから乗って行けばいいよ」

と声をかけてもらい、一緒に下山。

捨てる神あれば拾う神あり。

ABC (28)

ABC (29)

彼らは4人に対して総勢20人くらいポーターとかガイド、コックさんを抱えててびっくり。

ABC (30)

ABC (31)

そんなリッチな彼らは私にランチもコーラもお茶もおやつもくれました。

涙出そう。

ABC (32)

ABC (33)

夕方ナヤプルの街に帰ってきて

こんな立派なバスに乗せてもらいました。

ABC (34)



私がガイドを解雇してから、荷物を背負って一人で歩いてたら

色んな人が声をかけてくれて、ネパール人最悪!って思ってた心も穏やかになりました。

今思えば、キリマンジャロでお世話になったガイドのモシャは

とってもいいガイドだったのね。

私のペースで歩いてくれたし、

なんか、とっても気遣いが出来たし、彼。

しかも、登頂したときに一緒に喜んでhugしてくれたり、

色々ケアしてくれてた。

あの時、足りないものばかりに目がいって

「我足ることを知らず」だったよ。

ごめんね、モシャ。

ありがとう。















please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010..20 Nepal-ネパール comment6 trackback0

たまたま山好き女子の日々。

もう、ゴーキョ+エベレストベースキャンプのトレッキングを

2週間もしたんだから、今年は歩き収め。



って思ってたけど、ポカラに来たら毎日曇りでマウンテンビューのはずの私の部屋からは

まったく山が見えなかったし、アンナプルナ行ってみよう、

と再びトレッキングに行くことにしちゃいました。

まぁ、ゴレパニとプーンヒル行って5日くらいでいいか、というつもりだったのに

せっかくだからベースキャンプまで行ってみよう、って10日のプランで行くことに。

はー。

私はこんなに山女だったかしら。


今回は前日にガイドさんとの顔合わせもあったりして

ちょっと安心して出発。

ABC (1)

ポカラからナヤプルというところまでローカルバスで移動してトレック開始。

でも、ちょっとまだ歩くと咳がでて辛い…。

ABC (2)

EBCとはまた別にTIMSとパーミッションが必要です。

ABC (3)

ABC (4)

村の中を通ったり森を歩いたりして2日目にGhorepani(ゴレパニ)、2874Mへ到着。

3日目の朝、5時15分に宿を出てPoon Hill(プーンヒル)、3210Mへ。

まだ標高そんなに高くないけどやっぱり日の出前は寒い。

ABC (5)

んー…なんか天気悪いな。

ABC (6)

雲が多くて山が見えないので、さっさと下山する人もチラホラ。

ABC (7)

ABC (8)

6時半ごろようやく日の出。

雲の合間からお日様が!!

ABC (9)

ABC (10)

そしたら、Dhaulagiri(ダウラギリ)、8172Mが見えた。

だからさー、諦めちゃだめなわけよ。

何度も言うけどね。

ABC (11)

あーきれいだなー。

いつまでも見ていたいけど、先の予定があるので次へ。

ABC (12)

朝晴れたのは一瞬で、またガスの中へ。

あー何にも見えなーい。

つまんなーい。

ABC (13)

EBCへの道ではずっと尾根を歩く感じだったけど

ここでは屋久島さながらの湿地帯を歩いたりすることもあって、

また全然違う雰囲気。

ABC (14)

ABC (15)

山小屋はEBCの道と比べてすごく少ないしストーブがなかったり設備もイマイチ。

だから結構ガイドなしで行って予約できない状況だと部屋に泊まれないという事態も。

部屋がなくても、テントを貸してくれたり、

ダイニングでネパール人ポーターとかガイドとかと一緒に寝たり…何とかしてもらえるようですけど。

ABC (16)

天気が悪いながらも時々雲の合間から見える山に励まされてどんどん上へ。

ネパールの山はアップダウンが激しくて結構疲れる。

登りのはずなのに川を渡るために下ってまた登って…みたいな。


5日目にABC(アンナプルナベースキャンプ)、4130Mに到着。

ABC (17)

看板の後ろ、左側に見えるのがAnnapurna South(アンナプルナサウス)、7219M。

今日は信じられないくらい天気がいい。

やっぱり神様っているのねー。

っていうか、やっぱり私って運がいいのねー。

ABC (18)

マチャプチャレもきれいに見える。

ABCのちょっと下にMBC(マチャプチャレベースキャンプ)、3700Mがあるんだけど

まだ誰も登ったことがないらしい。

政府もパーミッション出さない聖なる山。

じゃぁなんでベースキャンプがあるの??


夕日に照らされたマチャプチャレもきれい。

ABC (19)

明日の朝、朝日に照らされた山を見るの楽しみー。















please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村
2010..17 Nepal-ネパール comment0 trackback0

ジェントルマン

肋骨が折れそうな咳からはだいぶ回復したけど

カトマンズの空気の悪さも手伝ってイマイチ完治しない風邪。



日本やその他先進国ではもうすっかり常識となった分煙。

空港から何百メートル離れないと吸えないっていう国も結構ありますね。

嫌煙家の私には、大変ありがたいことですが

そんな国々と違って分煙もなにもないネパール。

レストラン入ってもどのテーブルにも普通に灰皿置いてあるし

煙を避けて座っても、隣の人がおもむろに吸い出したりします。


マスクをしながら出向いたレストランで先日も隣に座った人が吸い始めて

まぁ、それは仕方ないか、と店員さんに違う席を用意してもらおうとしたら

私の「I don't like smoke.」が聞こえたらしく、

吸ってた3人ともすぐに消してくれました。

それがネパール人だけのグループだったらそうしなかっただろうなーと

思うけど、白人男性が混じってたので。

吸ってる人が悪くて吸っていない人が偉い、とか何とかいうつもりはないけど

煙って避けたくてもこっちサイドとしてはどうしようもないから

そういう気遣いというか、マナーって持っててほしいなって思います。



そうそう、ジェントルといえば、

私がEBCでお世話になったイギリス人カップルのウィルは、

ある日、地面に座って休憩してた私が立つと、

ストックを取るためにかがまなくて済むようにストックを手渡してくれたんです。

それが、あまりにも何気なさすぎて感動しちまいました。

なんてさりげない優しさなの!

こういうことって日本人には絶対にできない気がする。



私は今まで、

「レディーファーストとかってマナーであって、あれは優しさじゃないから」

って思ってたけど、相手を思う気持ちがあればそれは優しさの上に成り立つマナーだな。






















please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村
2010..09 Nepal-ネパール comment10 trackback0

日程など情報色々

誰かの参考になるかもしれないと思って、今回私が辿った日程をご紹介します。


1日目 Kathmandu→Lukla→Phakding
2日目 →Namche Bazar
3日目 →Khumjung→Namche Bazar
4日目 →Dhole
5日目 →Machherma
6日目 →Gokyo
7日目 →Gokyo Ri→Gokyo→Thangnag
8日目 →Cho La Pass→Dzonglha→Lobuche
9日目 →Gorak Shep→EBC→Gorak Shep
10日目 →Kala Pattar→Gorak Shep→Thokla
11日目 →Dingboche→Chhukung
12日目 →Tengboche
13日目 →Namche Bazar
14日目 →Lukla
15日目 →Kathmandu



テント泊で調理器具(ガスとか)を持っていく人でなければ

基本的に食料は不要。

チョコレートとかポカリの粉とか、そういうものは持って行きましょう。

宿があるところに泊まれば食べ物は充実しています。

当然宿泊費、食費は上に行くほど高くなるので

だいたい平均して一日1500~2000ルピー用意したほうがいいと思います。

ガイドはカトマンズから雇ったほうがいい、という風に本にも書かれていますが

私のようなケースもあるので、ガイドの飛行機代まで出してこっちから

わざわざ連れて行く必要があるかは謎ですね。

ポーターでよければ(荷物さえ持ってくれればいい、ガイドは不要という人)、

ナムチェの宿でも紹介してくれるそうです。

必要経費としては

TIMS CARD発行料 15USドル
カトマンズ⇔ルクラ 往復航空券 230USドル
パークフィー 1000ルピー(トレッキング開始後途中で払う)

です。     



このハイシーズン、団体白人トレッカーに押され気味ですが

おススメなのでぜひチャレンジしてください。











please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村
2010..07 Nepal-ネパール comment4 trackback0

いよいよ後半戦

いよいよ下山。

でも、カラパタールからゴラクシェプに戻ってきたのが遅かったのと

雪が降った後で道が悪くてDingboche(ディンボチェ)まで行きたかったけど

ちょっと無理でThokla(チョクラ)に一泊。

予定が色々巻いて2泊浮いたので、景色がいいと聞いたChukkhung(チュクン)、4730Mに行ってみることに。

chhu (1)

これ、ヤクっていう動物。

短足だしなんかブサイクだけど、やたらあったかそうな毛皮。

chhu (2)

chhu (3)

chhu (4)

chhu (5)

Chukkhung Ri(チュクンピーク)、5550Mに挑戦しようとしたけど、

風邪の体ではキツくて、ここで無理して登ったらどうなるかを考え断念。

でも、5000Mくらいの丘に登っただけでも十分いい景色。

chhu (6)

chhu (7)

chhu (8)

あー見飽きないなー。

なんて素晴らしいのかしら。

もうだいぶ満喫したのでいよいよ本当に下山。

chhu (9)

Tengboche(テンボチェ)で一泊、ナムチェで一泊してルクラへ。

chhu (10)

chhu (11)

何度も何度も振り返りながらエベレストを、他の山を見ながら下りていく。

chhu (12)

chhu (13)

chhu (15)

chhu (16)

chhu (17)

chhu (18)

ナムチェから一気にルクラ、キツかったー。

キツイって知ってたけど、炎症を起こしている以上、回復するには酸素が必要って思ったから。

咽頭炎を通り越して急性気管支炎になってしまい、

膿性痰も認めたため抗生剤を内服。

あとはひたすらハイドレーションね。

がんばったよ、私。

chhu (19)

chhu (20)

chhu (21)

ルクラの宿で寝込んでたら、チョラパス越えの時にお世話になったガイドさんとポーターさんが

訪ねてきてくれました。

ゴラクシェプでさよならしてから、何とかお礼をしたかったと思っていた私は

チップを渡そうとしたんだけど受け取ってくれなかった。

その気持ちだけで十分だよって。

I love you,you love me.This is enough.って。

なんか、風邪で弱っているときにいたわってくれたりしたのと、

本当に優しくしてくれて、「あれからERICOはどうしてるかなって思ってたんだよ」って

言ってくれたりして、とにかくボロボロ泣いてしまった。

あー、私が雇ったガイドは本当に最悪だったけど、こんな風に素敵なネパール人もいるのね。

最高の出会い。

chhu (22)

chhu (23)

プロペラの間から山を見納めて、カトマンズへ。

chhu (24)

アジア最大の挑戦終了。

















please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代の生き方へ
にほんブログ村
2010..06 Nepal-ネパール comment6 trackback0
 HOME 

profile

ERICO

Author:ERICO
2010年1月11日から1年間世界一周女一人旅。
楽しいことも苦しいこともいっぱいあって
辛さも嬉しさも悔しさも幸せも寂しさもいっぱい感じて
強く大きくなった!

そしてギリホリでAustraliaへ。
1年間勉強して働いて遊んで帰国。

人生再設計!

guests

mail to me

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。