2017 01123456789101112131415161718192021222324252627282017 03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

楽園生活

マライカGHのあるジャンビアーニ村は島の東海岸にあるので朝日が海から昇ります。

zanzi (8)

zanzi (9)

がんばって早起きしたけどちょっと曇り空…。

宿の目の前の海は海草とウニのオンパレードで泳げないから

隣のパジェ(PAJE)まで歩いて泳ぎに…

zanzi (10)

zanzi (24)

zanzi (25)

zanzi (26)

zanzi (27)

zanzi (12)

行ったんだけど満潮時刻は午後3時ごろなのでそれまでカフェでお茶。

潮風に吹かれながらオープンカフェでネットしてケーキ食べて…最高!!

本当に楽園だー。

日の出とともに起きて、のんびり日没まで過ごす。

電気はないけど、シャワーも水だけど問題なし!

むしろランプの明かりがいい感じだし、太陽が沈んだら寝ればいいんだよね。


さてさて、ここに一週間いてもいいんだけど

ナイロビでスペイン人に薦められたKENDWA BEACHに行くため島内を移動。

zanzi (13)

私はNUNGWIに泊まったけど、KENDWAにも安宿あります。

zanzi (14)

サンセットを見ようとNUNGWIのビーチにいたらこんなファンキーな髪型のお兄ちゃんが通り過ぎた。

zanzi (15)

NUNGWIは島の北端にあるので海に沈む夕日が見れます。

ほんとにきれい。

zanzi (22)

zanzi (23)

夜も満点の星空。

魚もおいしい。




次の日、ここに一緒に来た脳外科医しゅんくんと一緒にダイビングへ。

P9120067.jpg

P9120076.jpg

P9120081.jpg

ダハブで散々潜ったから別にザンジバルでは潜らなくてもいいか、と思っていた私。

でも行ってよかったー!!

ダハブでスキルアップしたのが実感できたし超楽しかった。

海の中でカメさんに会えたり、船からイルカの群れが見えたり、

姿は見えなかったけどハンバッククジラもいたらしい。

海の中で鳴き声が聞こえたってイケメンロンドン出身のイントラくんが。

マラウィーからマイグレーションしてるんだって。

透明度25mのインド洋はダハブの紅海に負けないくらいきれい。





NUNGWIからKENDWAまでは、引き潮ならビーチを20分くらい歩くと行けます。

最終日、朝行ったらビーチのレストランにマサイさんが…。

zanzi (16)

島にも結構たくさんいるんです、マサイ族のみなさん。

狩猟生活の彼らだけど海にもいるのねー。

なんか不思議。

zanzi (17)

zanzi (18)

zanzi (19)

zanzi (20)

zanzi (21)

この日は帰らなきゃいけない日で、午前中しかビーチにいれなかったから

曇り空だったけど、それでも十分きれいな景色。

あー去りたくないよー。










please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010..12 Tanzania-タンザニア comment0 trackback0

アフリカンリゾート

ザンジバルは世界遺産に登録されているタンザニアの島。

ダルエスサラームからフェリーで2~3時間で行けちゃいます。

ダラダラという乗り合いタクシーがなんかこの日だけ超早く終了したらしいので

タクシーでジャンビアーニ村までgo。

だって早くマライカゲストハウスに行きたかったから。

zanzi (4)

タンザニアに来て二回目のタクシー。

バッパーなのにタクシーってちょっとリッチ気分。

ドライバーは汚い言葉を吐いたり最低だったけど、

途中野生の猿とかいて「ほらほら、あそこ」とか停まってくれたりして実は親切。

zanzi (1)

夕方、なんとかマライカに到着。

zanzi (2)

翌日、目の前の海にゴロゴロいるウニを採りに海へ。

地元の人はウニを食べないらしく乱獲し放題。

朝、「ウニが食べたい」って言ったら

「朝が引き潮だから今行かなきゃ」って言われ、心も体も準備ができてないまま海に行くことに。

本当にうじゃうじゃいるからウニを踏まないように

しかも食べられるウニを採らなきゃで必死。

日本のウニのように身が大きくないから

バケツいっぱいくらい採らないとウニ丼は出来ないと言われ、

採ってきましたよ。

孤独と暑さとの戦い。

zanzi (3)

zanzi (5)

zanzi (6)

さばくのもまた一苦労だったけど、

ほらウニ丼。

zanzi (7)

わさびも醤油もあって、おいしくいただきました。










please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


2010..08 Tanzania-タンザニア comment0 trackback0

危険な街ダルエスサラーム

ナイロビより治安の悪いと評判の、タンザニアの首都ダルエスサラーム。

とりあえずTAZARA鉄道のチケット買いに駅に行ったら日曜で閉まってた…。

dar (1)

あー駅が閉まってるって感覚ないよなぁ。

仕方がないので市内観光。

dar (2)

魚市場に行ってみると親切にも、案内してくれるという人がいたのでお礼にお茶でもご馳走しようとしたら

ムスリムだった。

そうなんです、今ラマダンなので彼らは日中何も口にできないんですね。

魚市場の中に食堂があるけど魚を食べたければ自分で買って食堂に持ち込む形式らしい。

dar (3)

dar (4)

dar (5)

dar (6)

そして、魚買いに行ったけど調理法法は素揚げだけ。

さばのような味で塩で食べたら十分おいしかったけど。

dar (7)

dar (8)

dar (9)

dar (10)

ラマダンだからなのかなんなのか、ダル市内にはろくにレストランもなくて、

おしいもの食べたい欲MAX。

モーベンピックのアイスクリームを食べに行っちゃいました。

dar (12)

dar (11)

dar (13)

こういう空間はやっぱり落ち着くなぁ。

「ZANZIBAR」というアイス、おススメです。

バニラアイスクリームにシナモンとかスパイスが入ってておいしい。



月曜、再びチケットを買いにTAZARA鉄道の駅へ。

dar (14)

すでに行列で朝8時半に着いて、買えたのが11時。

全然進まないんだもん、列。

超超超アナログで、チケットも手書きだし一人5分くらいかかってもう帰りたくなっちゃうけど

ここは耐え所。

現地の人もよく並ぶよなー。

そのまま月曜のうちにフェリーでザンジバル島行きたかったけど断念。

カンガとかテンゲを売ってる問屋街に行ってみたらかわいい布がいっぱい。

dar (15)

ケニアよりタンザニアのほうがかわいいなー。

そして、また買ってしまった…。

うーん。荷物って減らないんだよな。

まぁ仕方ない。

なんだかんだで3泊もしたダルにさよならを告げ、いよいよ明日ザンジバル島!!

dar (16)













please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
2010..07 Tanzania-タンザニア comment4 trackback0

キリマンジャロ下山

頂上で感慨深く、浸ってる私にガイドがかけた言葉は

「ここに長くいられないから早く降りよう」。

こいつ何なんだ!!

言いたいことはわかるけどさー。

登りに私を苦しめた砂利道は再び私を苦しめる…。

これ絶対明日筋肉痛だよ。

やっとキボハットまで戻って朝ごはん食べてすぐまた下山。

kili (27)

行きはあんなにポレポレって言ってたのに下山のハイペースってすごい。

でも私のペースで降りたけどね。

予定ではオロンボハットで一泊して明日最終日に更にゲートまで下るってことだったけど

「もし体力があれば今日マンダラハットまで降りてもいいよ」だって。

そうすれば最終日が楽なんだってわかってるけど、もう無理。

これ以上歩いたら絶対怪我する。

そんな私の心と裏腹に

下山の日は天気よくて、気持ちいい。

kili (31)

kili (32)

kili (33)

天気よかったからハットからキボ峰が見えた。

あそこにいたのかー。

kili (34)

私のクルー。

kili (35)

こうして終わった私のアフリカ最大の挑戦。


オフィスに帰ったら、テディがおめでとうってキスしてくれてサーティフィケーションとTシャツくれました。

kili (36)

ガイドの文句とか色々言いたいことはあったけど、

「終わりよければすべてよし」ってこのことなのね。

あのガイドがいなければ、頂上まで行けなかったんだし。



宿に帰ったらケンチコさん夫婦とアキコちゃんがいたー。

別ルートで登ってたみたいだけどどうやら一緒の日に頂上にいたらしい。

一緒に登れたら楽しかっただろうなー。

悔しい。













please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
2010..03 Tanzania-タンザニア comment13 trackback0

5895mの世界

23時すぎからゆっくりゆっくり登り始め。

真っ暗で何にも見えない。

足元はとっても悪いらしいって感じ。

急斜面の砂利道で登りにくい。

ただでさえもう体力もあんまり残ってないし酸素薄くて歩みが遅いのにますます辛い感じ。

ある程度上がっていくと吐き気出現。

あー絶対スタート直前にビスケットなんか調子乗って食べたからだ。

消化管に行くべき血流なんて私の体に今あるはずないのに。

失敗だったなー。

とにかく気持ち悪い。

「頭痛はない」って言ったら、ガイドは「no problem」だって。

そうだよね、私もそう思う。

そして、こんな吐き気ごときで絶対にあきらめるわけにいかないし。

なんとしても登るよ、でもまじ辛い。

吐いたら楽になるだろうなーってわかってるけど、そう易々と吐けるもんでもないし。

ちょっと歩いては「あー気持ち悪い」って言って止まって、

私がそう言うたびにガイドは「yes,this is kilimanjaro.」だって。

わかってるよ!!

キリマンジャロじゃなくて、気持ち悪いって言ってんの!!

ってか何度も言ってんだからわかってよ!!

と、戦ってるのがキリマンジャロなのかガイドなのか自分なのかわからなくなりながら

ひたすら登る。

休憩で寝転んで満点の星空を眺めてたら、ガイドは「フリーズするから長い休憩はダメだ」とか言うし。

わかってるわよ!!

もっとかける言葉とかないわけ??

でもでも、そんなこんなで「just try」しか言わないガイドに励まされながら登って

やっとこさギルマンズポイントに着いたのが5時30分。

kili (20)

5681m。

あーしんど。

でも私が目指してるのはウフルピーク。

そこまで1時間弱まだ歩かなくちゃ。

さすがにここまで来ると寒い。

止まると本当に凍りそうだから休憩できない、ちょっとずつでも前に進まなきゃ。

自分の吐息で髪の毛はバリバリに凍り、リュックの横に指してたペットボトルの中身は凍り。

途中、「私なんでここに来ちゃったんだっけー??」とか弱気なことも思いながら

それでも私は登るよって自分を励まして、

着いた!!!

7時ごろ、ウフルピーク!!

IMG_3477.jpg

ここだよーアフリカ最高峰の頂上。

やったよ、私。

まじ自分で自分を褒めたい。

kili (22)

ここに到着したときも本当に嬉しかったけれど、

その直後にご来光を見たときは涙がでたね。

kili (23)

kili (24)

kili (25)

kili (26)

絶景の中色々思うこともあったり。














please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
2010..02 Tanzania-タンザニア comment10 trackback0
 HOME 

profile

Author:ERICO
2010年1月11日から1年間世界一周女一人旅。
楽しいことも苦しいこともいっぱいあって
辛さも嬉しさも悔しさも幸せも寂しさもいっぱい感じて
強く大きくなった!

そしてギリホリでAustraliaへ。
1年間勉強して働いて遊んで帰国。

人生再設計!

guests

mail to me

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。