2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--..-- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)

言葉より大切なもの

砂漠からまた都会に来ました。フェズという街。

IMG_1473.jpg

フェズに来るつもりなかったけど、フライトまで日にちがあったし、

「マラケシュが大阪ならフェズは京都って感じかな~」って言われて来てみた。

IMG_1486.jpg

IMG_1484.jpg
超狭い道なのに馬がこうしてしょっちゅう通るからよけないと轢かれる。

IMG_1518.jpg

IMG_1517.jpg
野菜や肉を買うときは天秤で。

確かにスーク(市場)の活気とかはマラケシュのほうがごちゃごちゃしてて大阪っぽい気もする。

IMG_1504.jpg

IMG_1508.jpg

なめし革職人のとこに行ってみた。

IMG_1488.jpg
まず洗って

IMG_1490.jpg
毛を剥いで

IMG_1491.jpg
干して

IMG_1492.jpg
染める。

IMG_1493.jpg
みんな素手。そして恐ろしい匂い。。。獣臭。





ここでも街中で「ジャパニジャパニ」ってやっぱり言われるんだな。

彼らは親しみをこめて「コンニチハ、オイジャパン」って言ってるのかもしれないけど

まったくこっちは親しめない。

だいたい「ジャパン」って呼びかけ失礼だし。

道を聞いただけで付いてきていつチップ請求されるかわかんないから

いちいち「non merci」って言わなきゃいけないし超ストレス。

もうモロッコ人の「コンニチハ」恐怖症になった私は無愛想で歩いてて、全然笑ってない。

早くモロッコ出たいよ~って思いながらメディナを見下ろせる丘に登ってみた。

ここでもまた「ニホンジンデスカ?」って寄ってきた人がいて

最初は無視してたんだけど、

「世界中いい人も悪い人もいるよ、それが混ざり合ってるんだよ。モロッコ人が全員悪い人じゃない。」

「何があったんだい、話してごらん。」

って言われた。

この台詞だって超怪しいし、この人どこまで信じればいいの?って感じだけど

そうやってみんなを疑って、盗まれないように裏切られないように突っ張ってたみたい、どうやら私。

せっかく旅してるのにね。

結局その人を信じてみることにしてみたら、自分の家に招待してくれて両親やきょうだいに会わせてくれて

「モロッコにようこそ。モロッコのファミリーっていうのはこういうものだよ。君は喧騒から離れて自然や家族に触れたほうがいい。」

って。

音楽を聴かせてくれたり、お母さんは料理をご馳走してくれたり、そうやって時間が過ぎてちょっとは笑えるようになったかな。








please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2010..11 Morocco-モロッコ comment8 trackback0

サハラ砂漠

IMG_1284.jpg

IMG_1290.jpg
こんな風に毎日違う空を見上げたりノリコさんの手料理を食べながら過ごして仲間待ちした甲斐ありました。


モロッコまで来たら、らくだ!!

何人か新客来て、1泊2日でらくだに乗ってサハラ砂漠を歩くというツアーに行ってきました。

IMG_1322.jpg
これからお世話になる、らくだちゃんたち。

夕方17時半ごろ宿をでて砂漠をてくてく…。

IMG_1351.jpg

ひとこぶらくだちゃん、こぶに鞍を載せてその上に乗るんだけどなにしろお尻が痛い。

結構な高さ(目線は2m以上あるだろうな~)で最初はビビったけど慣れてくればロデオボーイみたいな感じ(笑)

IMG_1358.jpg

宿から歩ける距離に砂漠があることもびっくりだし、行ってみて絶景に更にびっくり。

360度砂漠。

IMG_1362.jpg

IMG_1364.jpg

すごいすごい!!

テレビや絵葉書の世界にいるって感じだよー。

IMG_1374.jpg

かれこれ2時間くらい歩くとこんな風に私たちがが泊まるテントに到着。

IMG_1377.jpg

IMG_1376.jpg
らくだちゃんたちはこの姿勢のまま一晩過ごします。お利口。

IMG_1408.jpg
モロッコ人のホスピタリティ、ミントティーを飲んでくつろいでるうちに夕暮れ。

IMG_1403.jpg

IMG_1395.jpg

これまた写真にはどうがんばっても写りきらないのよ、素晴らしさが。

夕日も、とってもきれい。

そんで夕食。

真っ暗だからろうそくつけてタジンを食べて、星空の下で音楽奏でながら踊ったり歌ったり。

流れ星をいっぱい見ながら毛布に包まって外で就寝zzz




だけど!!

夜中に超強風になって砂まみれもいいとこ。

これは朝になったら砂に埋まってるよ~ってことでそそくさとテントのなかに移動して朝を迎えました。

IMG_1423.jpg
朝日。

IMG_1427.jpg

来た道をまたてくてく歩いて宿まで帰るんだけど、風が止まない!

さすが砂漠。

IMG_1429.jpg

IMG_1433.jpg

IMG_1436.jpg

一緒だったマイちゃんは砂でカメラぶっ壊れてた…。

砂、怖い怖い。

でも、6人全員大満足の最高ツアーでした。

らくだちゃん、お疲れ。









please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2010..07 Morocco-モロッコ comment10 trackback0

砂漠の村

騒々しいマラケシュから散々バスを乗りついで来た砂漠の近くの街リッサニ。

ここまで文字通り山を越え谷を越えやってきたわけ。

崖っぷちの道を通ったりしてちょっとびくびく、

IMG_0763.jpg

IMG_0765.jpg

昼ごはんやトイレ休憩も何分かわからずかなりひやひや。

IMG_0760.jpg

到着予定時刻もまったく当てにならず、途中のアラシジアで一泊するハメになりながら…。

やっと着いた~!!

って思ったのに、そこからが全然進めず。

色んな人に散々話しかけられ、騙されそうになりながら、ちゃんとしたタクシーに出会うまで1時間以上もかかった。

IMG_0772.jpg

もうなんなの?モロッコ!!

IMG_0781.jpg
MerzougaのHassiLabiedという村までの道の途中。このドライバーもライトセクハラ。

IMG_0785.jpg
砂漠見えてきた!!

なんとか辿り着いたWILDERNESS LODGE.

IMG_0793.jpg

IMG_0791.jpg

ノリコさんが迎えてくれましたー。

一安心。

ほんと砂漠の目の前。

IMG_0855.jpg
宿からこんな風に砂漠が見えるのだ。

この村何にもないと思いきや、ちゃんとホットシャワーもあるし水洗トイレだし、売店もインターネットもあるんだな。

すごいよね。

世界中どこでもネットできまっせ。

IMG_1168.jpg

IMG_0796.jpg
近所の子どもたち。子どもはお金ちょうだいとか言わないし、しつこくない。

IMG_1177.jpg
らくだ。

IMG_0854.jpg
宿から見た夕日。

夜は満点の星空。

こんなところにも日本人が住んでるんだなって驚きだよ。

すること何にもないけどのんびりできちゃう贅沢がある。

結構旅人は何にもないところが好きだったりします。

IMG_1030.jpg
この宿、日本食も出るらしいけど、この日は煮込み料理タジン。

IMG_1281.jpg
宿の猫。妊娠してるらしくずっと寝てる。







please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2010..05 Morocco-モロッコ comment2 trackback0

眠らない街マラケシュ

タンジェから寝台列車に乗って11時間。

マラケシュにやってきました。

IMG_0629.jpg IMG_0630.jpg
駅。きれいだよね。

モロッコでもっとも都会で活気ある街じゃないかな。


治安どうこうよりも、まず思ったこと。

モロッコ人はしつこい!!

アルゼンチン人にたくさん話しかけられてもウザいとは思わなかったのにな。

どうやらインド、エジプトと並んで旅人はみんな思ってるっらしい。




そんなモロッコ人に「ジャパニ、ジャパニ」って言われながらスーク(市場)を歩いてみた。

IMG_0748.jpg

革製品が有名らしく、

こんな風にかばんや靴がいっぱい売ってる。

IMG_0746.jpg

IMG_0745.jpg

IMG_0747.jpg

IMG_0751.jpg

IMG_0648.jpg

カメラを向けると露骨に嫌がられたり、チップを請求されたりするのでコソ撮り(笑)

とにかくスークは賑わっていて白人もいっぱい。

あちこちで値段交渉が行われてます。

色んな観光客がいるから、アラビア語、フランス語、スペイン語、それに変な日本語が飛び交ってる…。

「猿も木から落ちる」とか急に言われてもね。。。



街ブラするとこんな遺跡もあったりします。

IMG_0682.jpg

IMG_0681.jpg

IMG_0664.jpg

IMG_0661.jpg

IMG_0703.jpg

IMG_0736.jpg

日差しが強すぎてちょっと歩くだけで頭クラクラ。

やばい。

砂漠気候のので、汗はほとんどかかないけどとにかく日光ががんばってる。


そんなマラケシュだけど、いいこともあるよ。

屋台のごはんは安くておいしい。

IMG_0647.jpg

IMG_0714.jpg
初めて食べたエスカルゴ。まぁまぁかな。

IMG_0734.jpg
バスチケット売り場の人。いい人そうだけど、例に漏れずちょっとめんどくさい(笑)




そして…眠らないフナ広場の夜はこんな感じ。

IMG_0720.jpg









please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2010..02 Morocco-モロッコ comment0 trackback0

初アフリカ大陸!!

この前大陸移動でヨーロッパ来たばっかなのに、もうアフリカ大陸にいます。

モロッコ。

グラナダからアルヘシラスまでのバスに乗るつもりが、朝行ったら売り切れで

仕方ないからマラガ行きに乗ってマラガからアルヘシラスへ。

って書いてもよくわかんないよね。

短期旅行だと、予め予定を決めてチケットとか宿とか押さえたりするのが普通なんだけど

今の私は流動的に動きたいから結構何でも決めるのギリギリ。

だからこうやって売り切れとかいう場面に出くわしちゃうのよね。

でもまぁ何とかなるし。

きっちり計画立ててその通り進む旅人ももちろんいるけど、まぁそれはそれぞれのスタイルで。

コストとか、手間とか、時間とか、自由度とか…何を取るかは状況次第。



さて、スペインのアルヘシラスについたはいいけど、いい時間のフェリーがなかったので

ティファナ(隣町)まで行っていよいよ乗船。

IMG_0594.jpg
船内はこんな感じ。

フェリーで35分だよ、早いよね。
 
こんなに近かったんだ…。

モロッコの港町タンジェに着いて、右も左もわからずオロオロしてたら(ロンプラ持ってんのにね)

ガイド(風)の人に話しかけられ、時間つぶしのつもりが高いランチになっちゃったな。

IMG_0600.jpg IMG_0602.jpg IMG_0603.jpg
これが問題のランチ、クスクス。


むむむ、これも勉強。

騙されたわけじゃないけど、いやな匂いを察知したときには後の祭り。

そして大したお金じゃないけど、ただでさえ移動で超疲れてるのに、もっと疲れた。

はぁ。。。





これから人を疑ったり騙せたりする日々が待ってるかと思うとちょっと憂鬱。

これも旅の醍醐味って早く思えるようになるかな。


IMG_0619.jpg

IMG_0615.jpg

IMG_0612.jpg

IMG_0608.jpg

IMG_0606.jpg

IMG_0623.jpg
奇跡的にfree wifiが飛んでる鉄道の駅。

これから初夜行列車!!!






please click here!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村






2010..30 Morocco-モロッコ comment12 trackback0
 HOME 

profile

ERICO

Author:ERICO
2010年1月11日から1年間世界一周女一人旅。
楽しいことも苦しいこともいっぱいあって
辛さも嬉しさも悔しさも幸せも寂しさもいっぱい感じて
強く大きくなった!

そしてギリホリでAustraliaへ。
1年間勉強して働いて遊んで帰国。

人生再設計!

guests

mail to me

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。